2013年10月14日

「DIAMONDO PRINCESS」


久し振りにブログを書いています。

先週の金曜日に、業界の九州ブロックの会議が長崎であったので行ってきました。

長崎駅近くのホテルであり、会議が終わって豪華客船が寄港していると聞いたので見に行っていました。

その船は、「ダイアモンド プリンセス」というとても大きな豪華客船でした。

イギリスの船会社が2004年に三菱重工業長崎造船所で建造された日本生まれの大型豪華客船です。

全長290m、全幅37.5m、乗客定員2.670人、乗組員数1.100人、総トン数116.000トンという、それは

、それはデパート2ケ分位をあわせた客船でした。特長としては、海に一切投棄しない産廃物処理装置は地

球環境に配慮した設計で世界を一歩リードしている船舶のようです。一度は、是非乗ってみたい船ですね!


CIMG0538.JPG

CIMG0518.JPG


CIMG0520.JPG


CIMG0523.JPG


CIMG0528.JPG


CIMG0529.JPG


CIMG0534.JPG


CIMG0533.JPG


CIMG0536.JPG


CIMG0535.JPG


CIMG0532.JPG


この画像はホームページより掲載しました
CIMG0539.JPG

2013年08月17日

「つばめ2度目の巣立ち!」

お盆前に3羽のつばめが、今年になって2度目の巣立ちをしました。私達もつばめが巣をかけ始めて4年程

になりますが、1年に2度の巣立ちは初めてでしたので、良い経験をさせてもらいました。一番良かったの

は、カラス対策で巣の下に3本の目立つように黄色いリード線を張ったことにより、カラスが近付かないよ

うになったことだと思います。鳥は羽根が命ですので、羽根が傷つくのを警戒すると教えてもらったので実

行したのが良かったようです。また来年も安心して子育てに来てくれたらうれしいですね!!


3羽共このあと飛び立ちました!
CIMG0365.JPG


小さくてごめんなさい!つばめたちわかりますか?
会社の前の電線に5羽止まっています!左の上に親が1羽と右隅に3羽の飛び立ったばかり子供たちと右隅に親が1羽います。
CIMG0363.JPG

2013年08月05日

つばめ2度目の巣立ち真近か!

今年は6月に4羽のつばめが巣立っていきましたが、今年はなんと2度目のつばめが3羽生まれ炎暑の8月

に飛び立とうとスタンバイの状況です!熱中症に十分気付けて元気に飛び立ってほしいなと願っています!

がんばれ!つばめたち!!


CIMG0354.JPG

CIMG0355.JPG

CIMG0358.JPG

2013年07月16日

「カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)」

こんにちは!久し振りにブログを書いています。実は、今月の初めに表題のカテーテルアブレーションという手術を致しまして約1週間程市内の大きな病院に入院致しました。みなさんはあまり聞かれたことがないかと思いますが、心臓の不整脈の手術です。

心臓は一日10万回以上拍動」して昼夜を問わず身体全体に血液(酸素と栄養分)を送り続けています。私たちの心臓は、一生の間、このサイクルを休むことなく続け、およそ26億回繰り返すのだそうです。すごいですねぇー心臓は!


病院で頂いた「カテーテルアブレーションのしおり」より
CIMG0328.JPG

正常な心臓は規則正しいリズムで拍動し、心拍数は安静時には1分間に60〜70回のリズムで心臓は拍動しています。不整脈とは、心臓のリズムが乱れ、正常な拍動ができなくなる状態です。健康な人にも疲れやストレスなどが続くと不整脈が出ることもあるようですが、ほとんどが一過性のもので特別健康に影響はないそうです。

CIMG0330.JPG

私の場合は、10年程前から、なんとなく脈の乱れを感じるようになり精密検査を受けましたが、すぐどうこうということもなく、日常生活も普段変わらず過ごせたため、そのままにしていました。5年程経過した頃からひんぱんに不整脈を感じるようになったため薬を服用しはじめました。医師より、脈の乱れが出た時に血液が固まり血栓となる可能性があることを告げられ、血管を通って頭に行けば(脳梗塞)、心臓では(心筋梗塞)といわれたためです。


不整脈は心臓の拍動(脈拍)が遅すぎる場合と心臓の拍動(脈拍)が速すぎる場合と2種類に分けることができます。
速い拍動(脈拍)は除脈性の不整脈といい、めまい・疲労・失神などの症状が現れることがあります。1分間の拍動数(脈拍)が50回以下の不整脈であります。主な原因は刺激伝導系の機能の「低下によるものであります。
除脈性の不整脈には、洞不全症候群や、房室ブロックなどがあります。治療法としては、主に心臓ペースメーカーによる人工的に心臓のリズム」をコントロールして心臓の拍動を補うことをします。


速い拍動(脈拍)は頻脈性の不整脈といい、正常な刺激伝導系以外に異常な伝導路が存在し、その異常な伝導路を回路として速い興奮が発生してしまいます。治療法としては、薬物療法と非薬物療法(カテーテルアブレーション/心筋焼火術)があります。



私が行った手術心筋カテーテルアブレーションとは、電極カテーテルを心臓内の標的部位に挿入し、身体に装着した対極板との間で、高周波通電を行い、頻脈の原因となる異常興奮部位を選択的に焼灼して不整脈を治療します。

CIMG0329.JPG

CIMG0331.JPG

カテーテルアブレーションの治療対象となる頻脈性不整脈は、心房性の不整脈と心室性の不整脈に分けられます。心房性の不整脈は、心房頻脈、心房粗動、心房細動があり、私のは心房細動でした。
この心房細動とは、心房自体から1分間に約350〜600回の不規則な電気信号が発生し心房全体が痙攣(けいれん)を起こした状態になる頻脈です。治療方法として、心房細動の原因となる部分、主に肺静脈と心房を、電気的に隔離する焼灼法で治療しました。

今のところ今月末に2回目の検査がありますが順調な回復で経過しています。また、お知らせしますね!!


2013年06月13日

「つばめ巣立ち!」

小さな巣の中に、4羽いたつばめの子の内3羽が、ここ1週間で巣立って行きました。あと1羽もここ1〜2日かな?元気に羽ばたいて行ってほしいと思います。私も今日から3日間東京出張です。楽しく頑張ってきます!

5/15日に巣作りをはじめた頃です!去年はカラスがいたずらに来ていたので、今年は「つばめの巣」の下に3本の黄色い糸を張る対策をしたので、カラスが近寄りませんでした!
つばめ3 001.jpg

つばめ3 002.jpg

子供が4羽生まれました!
つばめ3 003.jpg

つばめ3 004.jpg

せっせと子供に夫婦でえさを運んでいます!
つばめ親子2 001.jpg

つばめ親子2 004.jpg

かなり大きくなりました!巣がとても小さいてきゅうくつそう!
つばめ3 006.jpg

つばめ3 007.jpg

気がついたら3羽が巣立っていました!残りの1羽です!たぶん一番小さかった子供です!
つばめ3 008.jpg

つばめ3 009.jpg

2013年06月03日

「直島と岡山・倉敷1泊2日の旅」

5月下旬、2度目の直島と岡山・倉敷に行ってきました。1年半前行った「直島・地中美術館」の話を別のグループの方にお話したら、是非行きたいとの話になり13名の方々を私が半素人添乗員となり案内させて頂きました。前回は、香川県の琴平温泉で宿泊しましたが、今回は、四国には渡らず岡山の国際ホテルで宿泊し、2日目は岡山にある大建工業さんの工場を視察し、倉敷に行き「アイビースクエアー」と「大原美術館」を見学してきました。建築物と絵画と食事と充実した2日間でした。

岡山駅より宇野港です ここからフェリーにバスと一緒に乗り込みます
直島と岡山・倉敷の旅 002.jpg

直島宮浦港まで20分です あっというまに着きます
直島と岡山・倉敷の旅 003.jpg

到着しました
直島と岡山・倉敷の旅 025.jpg

波止場にはいつもの赤いかぼちゃのモニュメントが出迎えます
直島と岡山・倉敷の旅 024.jpg

いよいよ安藤忠雄氏が1989年から携わった「アートの挑戦・直島」です
直島と岡山・倉敷の旅 048.jpg

まずは「ベネッセハウス(よく生きるの意味)」のミュージアムです
直島と岡山・倉敷の旅 005.jpg

入り口へ続くアプローチです
直島と岡山・倉敷の旅 004.jpg

ベネッセハウス内部です こちらで和食の昼食を頂きました
直島と岡山・倉敷の旅 006.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 007.jpg

国吉康雄氏の絵画がたくさん展示してあります
直島と岡山・倉敷の旅 008.jpg

リウファン美術館です 韓国生まれ 日本の現代美術の中心的作家 
直島と岡山・倉敷の旅 009.jpg

柱の広場です
直島と岡山・倉敷の旅 012.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 010.jpg

アプローチです
直島と岡山・倉敷の旅 011.jpg


次は地中美術館です アプローチに館内に展示してあるモネの大作「睡蓮の池」をイメージした造園がしつらえてありました こころにくい演出です!
直島と岡山・倉敷の旅 014.jpg

地中美術館
直島と岡山・倉敷の旅 015.jpg

入り口と思えない入り口です
直島と岡山・倉敷の旅 018.jpg

クロード・モネ 真っ白い壁面に2M×6Mの「睡蓮の池」が展示されています必見ですよ!
直島と岡山・倉敷の旅 049.jpg

ウオルター・デ・マリア 「タイム/タイムレス/ノー・タイム」部屋の真ん中に大きな花崗岩があり周囲はコンクリートの壁 デ・マリアと安藤建築のぶっかり合いです 見ごたえのある空間ですよ!
直島と岡山・倉敷の旅 047.jpg

疲れたらホッとする美しい瀬戸内海が一望できるカフェテラスでのコーヒーの味は格別ですよ! 
直島と岡山・倉敷の旅 016.jpg

上からみる地中美術館はこういう形だそうです
直島と岡山・倉敷の旅 050.jpg

次に直島の東側の本村地区にある家プロジェクトの中に最近オープンした「アンドウミュジアム」にいきました 内部は外観からは想像できない迫力満点のコンクリートの壁があり「安藤忠雄氏」らしい空間です
直島と岡山・倉敷の旅 020.jpg


直島と岡山・倉敷の旅 019.jpg

パンフレットより
直島と岡山・倉敷の旅 054.jpg


直島の最後の見学はアーティスト大竹伸朗氏が手がけた実際に入浴出来る美術施設 
直島銭湯「アイラブユ」を見て岡山に戻りました
直島と岡山・倉敷の旅 022.jpg

パンフレットより 象のモニュメントがあります ユニークな銭湯です
直島と岡山・倉敷の旅2 002.jpg



岡山国際ホテルで宿泊 2日目はまず建材の総合メーカーの岡山大建工業さんのショールームと工場を視察しました 今回は、特に防音ルームでの音響効果を実際に体験し音の重要性を改めて研修しました また、紙で作った畳表の製造過程を見学しました においまで畳とまったく同じ製品作りにビックリしました
直島と岡山・倉敷の旅 030.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 029.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 026.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 027.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 028.jpg


お昼は「アイビースクエアー」でミニフレンチでした
直島と岡山・倉敷の旅 031.jpg

倉敷散策です
直島と岡山・倉敷の旅 037.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 035.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 038.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 042.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 034.jpg 

大原美術館を見学しました
直島と岡山・倉敷の旅 044.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 045.jpg

直島と岡山・倉敷の旅 046.jpg

やはり、この美術館で有名なエル・グレコ「受胎告知」は今から400年前に書かれたものですが圧倒されますね!
直島と岡山・倉敷の旅 052.jpg

クロード・モネ「積みわら」これも名画ですね!
直島と岡山・倉敷の旅 051.jpg

児島寅次朗「眠れる幼きモデル」これもとても可愛い名画ですね!
直島と岡山・倉敷の旅 053.jpg


ハードでしたが参加されたみなさんからは良い美術館巡りだったとほめて頂きました。みなさんお疲れさまでした!


2013年05月30日

「つばめかえる!」


今月に入りイアラの事務所駐車場の壁に巣作りをしていた「つばめ夫婦」に4匹の子供がかえましたよ!黄色いくちばしでエサをせがむ姿はとても可愛いいですよ!元気に巣立ってほしいなぁと思います。頑張れつばめの親子たち!!

5月近況報告 002.jpg

つばめ親子 002.jpg

つばめ親子 003.jpg

つばめ親子2 002.jpg

つばめ親子2 003.jpg

つばめ親子2 001.jpg

つばめ親子2 004.jpg

2013年05月20日

「アジア美術館」墨美の競艶!

「日中韓 書画代表作家 連立個展」が5/23(木)〜5/28(火)まで福岡アジア美術館7階の企画ギャラリーで開催されます。3ヶ国3人の代表作家による連立個展となっています。日本からは私が教えを頂いております心象の書芸家・一墨会主宰「井上一光」先生の個展30回記念展です。過去20年の作品の中から代表的な作品と新作40余点を出展されますのでどうぞご覧頂きたいと思います。


アジア美術館墨美の競艶 001.jpg

アジア美術館墨美の競艶 002.jpg

2013年05月18日

「SAN PRINCESS」と「つばめ」

近況報告です!

5月初旬博多港にクルーズ船「SAN PRINCESS」が入港していました。ここの所博多港に寄港する機会が多かったのですが日本と中国、韓国との関係があまりうまくいっていないからでしょうか、かなり寄港するクルーズ船が減っていますね!早く関係が良くなってくれればいいですねぇ!

5月近況報告 009.jpg

5月近況報告 008.jpg

5月近況報告 007.jpg

5月近況報告 011.jpg


イアラ事務所の1F駐車場のいつもの壁に、今年も「つばめ」君が夫婦で巣をリフォームして2〜3日前から巣篭もりし始めました。今年も、たくさんの子供たちが元気に巣立ってくれることを願っています。昨年は「いたずらカラス」君が、かなり邪魔をしていたようなので、今年は巣作りを初めてから巣のまわりに目立つように黄色い糸を3本はり「カラス」君対策を講じました。がんばれ「つばめ」君!!

5月近況報告 003.jpg

5月近況報告 002.jpg

5月近況報告 004.jpg

2013年05月02日

「KITTE(キッテ)とクラコレ」

4月末に東京で会議があり1泊し、翌日の午後帰る前に2ヶ所駈足で見て来ました。1つは、

3月21日にJR東京駅の丸の内南口前に、オープンしたばかりの日本郵便が始めて手がけるJRタ

ワー商業施設KITTE(キッテ)です。この建物は、昭和6年に竣工した「旧東京中央郵便局」の

局舎を一部保存・再生した区画と、新に建築した区画からなる、過去と未来がつながる空間です。

地下1階から地上6階までの7つのフロアーにはショップやレストランなど98店舗が入っていま

す。「KITTE」とゆうネーミングは「切手」と「来て」の2つの言葉に由来するそうです。

東京駅前にまた、また新しい話題のスポットができました。

JRタワーKITTE 外観
kitteとクラーク美術館 001.jpg

正面入り口
kitteとクラーク美術館 002.jpg

エントランス
kitteとクラーク美術館 003.jpg

KITTE内部より東京駅が見下ろせます
kitteとクラーク美術館 013.jpg

kitteとクラーク美術館 016.jpg

KITTE屋上より東京駅ホームが見えます
kitteとクラーク美術館 017.jpg

屋上庭園です
kitteとクラーク美術館 018.jpg

kitteとクラーク美術館 019.jpg


2つは、「クラコレ(奇跡のクラークコレクション)」ルノワールとフランス絵画の傑作が、これも

東京・丸の内にある「三菱一号館美術館」で開催中だったので行って来ました。クラークコレクショ

ンとは、クラーク美術館(米国マサセッツ州)を運営をするクラーク夫妻がおもに、1910年から

1950年の間に欧米で収集したコレクションです。ボストンから車で約3時間、広大な森の中にあ

る美術館だそうで、これまで日本ではあまり知られてはいなかったようです。オーギュスト・ルノワ

ールだけでも30点以上所蔵されているそうです。もちろん他のモネやミレーなど印象派の作品も数

多く所蔵されているようです。東京は見るところがいっぱいありますね。みなさんも是非機会があれ

ば見て頂きたいと思います。

三菱一号館美術館歴史を感じる外観
kitteとクラーク美術館 007.jpg

kitteとクラーク美術館 014.jpg

美術館入り口
kitteとクラーク美術館 010.jpg

内部のローカです
kitteとクラーク美術館 013.jpg

ジャン=フランソワ・ミレー(羊飼いの少女)1862年以前
kitteとクラーク美術館 024.jpg

ピエール=オーギュスト・ルノワール(鳥と少女)1882年
kitteとクラーク美術館 028.jpg

クロード・モネ(エトルタの断崖)1885年
kitteとクラーク美術館 029.jpg

ピエール=オーギュスト・ルノワール(劇場の桟敷席・音楽界にて)1880年
kitteとクラーク美術館 030.jpg


クラーク美術館
kitteとクラーク美術館 029.jpg

クラーク夫妻
kitteとクラーク美術館 032.jpg