2011年11月02日

「直島・地中美術館」

みなさん瀬戸内海に浮かぶ周囲16kmの小さな島「直島」ってご存知ですか?
岡山と香川の間に位置し人口は約3300人です。

この島はすごいものがたくさんある島なのです。この島は「アートの楽園」と呼ばれ、今や世界的にも有名な「現代アートの聖地」となり、色々な国の方々が見学に訪れています。

この島は、約20年前から「アートの挑戦」が始まりました。まずホテルと一体化した美術館がオープンすると建築家や画家などの作家たちが島に来てオリジナル作品をつくり、廃屋を改修したアート作品が生まれてきました。

ベネッセハウス・家プロジェクト・直島銭湯そして私が一番見てみたかった地中美術館などが生まれました。

たくさんあるので今回は「地中美術館」をご紹介します。
建築家は世界で活躍している「安藤忠雄」です。名前の通り建物のほとんどが地中に埋まっていて、外観がないのが大きな特徴です。

地中美術館は、画家クロード・モネの2m×6mの大作「睡蓮の池」の作品を展示するという意図から安藤忠雄に設計を依頼したそうです。入り口からコンクリートに囲まれているのですが、しかし、中に入るとコンクリートに囲まれていても随所に自然を身近に感じることが出来ます。


最後の出口付近にカフェがあるのですが、ここから見える瀬戸内海の自然との組み合わせは大変ドラマチックに感じますした。



直島・宮浦港です 港から建物が洒落ています!
直島・地中美術館 016.jpg


船着場になにか見えています!
直島・地中美術館 014.jpg


かぼちゃのモニュメントでした!この島にはこうゆうものが結構あります
直島・地中美術館 015.jpg


美術館の入り口です!中は何があるのだろうと感じる入り口です
直島・地中美術館 008.jpg


「地中美術館」に入ります
直島・地中美術館 013.jpg


ローカです
直島・地中美術館 010.jpg


緑とコンクリートのコントラストが鮮やかです
直島・地中美術館 011.jpg


吹き抜けになっていました
直島・地中美術館 012.jpg


勾配のあるローカで目線のみ空間がとってあります
直島・地中美術館 009.jpg


クロード・モネ「睡蓮の池」(瀬戸内アートの楽園より)
直島・地中美術館 017.jpg


ウォルター・デ・マリア(彫刻家)と安藤建築作(瀬戸内アートの楽園より)
「タイム/タイムレス/ノー・タイム」
直島・地中美術館 019.jpg

地中美術館の建物を上から見るとこうなっているそうです!(瀬戸内アートの楽園より)
直島・地中美術館 018.jpg

是非一度機会をつくって行って見て下さい。お勧めの島ですよ!