2011年11月21日

「光明禅寺と九州国立博物館」

紅葉を見に大宰府天満宮の側にある「光明禅寺」に行って来ました。このお寺は、鎌倉中期の文永10年(1273年)に菅家出先の「鉄牛円心和尚」が建造した臨済宗東福寺派に属する禅宗寺院です。別名「苔寺(こけでら)」とも呼ばれ、枯山水の庭がある九州でもただ一つの石庭苔寺です。
今年の紅葉はあと1週間後が見頃でしょう!

光明禅寺と九州国立博物館 009.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 008.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 007.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 001.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 002.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 006.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 003.jpg


「光明禅寺」拝観のあと、すぐ裏手にある「九州国立博物館」で公開されている(11/27迄)北アジアの草原王朝「契丹(きったん)・美しき3人のプリンセス」を見学して来ました。

今からおよそ1000年前、唐王朝の滅亡によってアジアは新たな時代を迎え、北アジアの草原地帯には「大契丹国」が生まれました。仏塔に納められた極彩色に品々、異国の香りただようガラス細工、賢人を飾った宝飾品の数々。この「契丹」を生きた3人の女性にまつわる品々を中心に128件が展示されていました。なかなか魅力的な展示会でした。

光明禅寺と九州国立博物館 010.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 2 001.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 2 002.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 2 003.jpg

光明禅寺と九州国立博物館 014.jpg