2011年11月13日

「生け花展」

先日、知人が習っておられる「小原流(おはらりゅう)」の生け花展に行って来ました。
前から生けておられる生け花が、とてもダイナミックな中にも大変品位を感じる素敵なお花だったのが印象的でした。今回は、5人の方々との共作とのことでしたが見事に生けておられました。

生け花っていいですねー!


小原流生け花 001.jpg

小原流生け花 003.jpg

小原流生け花 004.jpg

小原流生け花 002.jpg

2011年11月02日

「直島・地中美術館」

みなさん瀬戸内海に浮かぶ周囲16kmの小さな島「直島」ってご存知ですか?
岡山と香川の間に位置し人口は約3300人です。

この島はすごいものがたくさんある島なのです。この島は「アートの楽園」と呼ばれ、今や世界的にも有名な「現代アートの聖地」となり、色々な国の方々が見学に訪れています。

この島は、約20年前から「アートの挑戦」が始まりました。まずホテルと一体化した美術館がオープンすると建築家や画家などの作家たちが島に来てオリジナル作品をつくり、廃屋を改修したアート作品が生まれてきました。

ベネッセハウス・家プロジェクト・直島銭湯そして私が一番見てみたかった地中美術館などが生まれました。

たくさんあるので今回は「地中美術館」をご紹介します。
建築家は世界で活躍している「安藤忠雄」です。名前の通り建物のほとんどが地中に埋まっていて、外観がないのが大きな特徴です。

地中美術館は、画家クロード・モネの2m×6mの大作「睡蓮の池」の作品を展示するという意図から安藤忠雄に設計を依頼したそうです。入り口からコンクリートに囲まれているのですが、しかし、中に入るとコンクリートに囲まれていても随所に自然を身近に感じることが出来ます。


最後の出口付近にカフェがあるのですが、ここから見える瀬戸内海の自然との組み合わせは大変ドラマチックに感じますした。



直島・宮浦港です 港から建物が洒落ています!
直島・地中美術館 016.jpg


船着場になにか見えています!
直島・地中美術館 014.jpg


かぼちゃのモニュメントでした!この島にはこうゆうものが結構あります
直島・地中美術館 015.jpg


美術館の入り口です!中は何があるのだろうと感じる入り口です
直島・地中美術館 008.jpg


「地中美術館」に入ります
直島・地中美術館 013.jpg


ローカです
直島・地中美術館 010.jpg


緑とコンクリートのコントラストが鮮やかです
直島・地中美術館 011.jpg


吹き抜けになっていました
直島・地中美術館 012.jpg


勾配のあるローカで目線のみ空間がとってあります
直島・地中美術館 009.jpg


クロード・モネ「睡蓮の池」(瀬戸内アートの楽園より)
直島・地中美術館 017.jpg


ウォルター・デ・マリア(彫刻家)と安藤建築作(瀬戸内アートの楽園より)
「タイム/タイムレス/ノー・タイム」
直島・地中美術館 019.jpg

地中美術館の建物を上から見るとこうなっているそうです!(瀬戸内アートの楽園より)
直島・地中美術館 018.jpg

是非一度機会をつくって行って見て下さい。お勧めの島ですよ!







2011年10月22日

「上棟式 餅まき!」

先週の東区の団地の一角で住宅の「上棟式 餅まき!」が盛大に行われました。

餅まき(もちまき)、または餅投げ(もちなげ)とは、上棟式などの神事に際して集まった人々へ餅をまく行事です。

私たちの小さい頃は、あちらこちらで住宅の建前(上棟式)では、よく「餅まき」があっていたと思いますが、最近はすっかり見かけなくなりましたね。

餅まきの由来を見てみますと、日本人は平安時代の古来より、おめでたい行事には必ず餅をまき(投げ)、多くの人々にその福を振る舞い、人々の幸せを願って来たそうです。

日本人のDNAなのでしょうか?餅がまかれた瞬間、私の心の中の「欲」にスイッチが入り「拾わなくては!」と自然に体が動きました。

一度はやって見たい行事の一つですね!

上棟餅まき 001.jpg

上棟餅まき 002.jpg

上棟餅まき 003.jpg

上棟餅まき 004.jpg







2011年10月04日

唐津「洋々閣」・「旧高取邸」

先週末、異業種の集まりがあり会議、懇親会、宿泊は旅館「洋々閣」で行いました。
唐津城がすぐ目の前に見え敷地1600坪の広々した中に木造2階建ての、落ち着いた雰囲気の中で会議を行い、終了後ゆったりとお風呂につかり、玄海の活魚に舌づつみをうちながら夜遅くまで異業種の交流を行いました。

洋々閣・旧高取邸 011.jpg

洋々閣・旧高取邸 012.jpg

洋々閣・旧高取邸 001.jpg

洋々閣・旧高取邸 004.jpg

洋々閣・旧高取邸 005.jpg

洋々閣・旧高取邸 006.jpg

洋々閣・旧高取邸 003.jpg


翌朝は、朝食を取り9時30分開館の「旧高取邸」の見学に行きました。
「旧高取邸」は、杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好(たかとりこれよし:1850~1927)の邸宅です。唐津城本丸の西南の海岸沿い、約2300坪といわれる広大な敷地に、大きく2棟の建物が建っています。平成10年12月に国の重要文化財の指定を受けています。

この邸宅の特徴は、大広間に能舞台を設けてあるなど独特のつくりになっています。また、各部屋の建具(杉戸絵)や欄間(すかし)の意匠にも見どころがいっぱいです。
唐津に行かれる際には是非見学に行ってみて下さい。

洋々閣・旧高取邸 008.jpg

洋々閣・旧高取邸 007.jpg

洋々閣・旧高取邸 010.jpg

洋々閣・旧高取邸 009.jpg

洋々閣・旧高取邸2 001.jpg

洋々閣・旧高取邸2 002.jpg

洋々閣・旧高取邸2 004.jpg

洋々閣・旧高取邸2 003.jpg


旅館 「洋々閣」

 //www.yoyokaku.com


「旧高取邸」

佐賀県唐津市北城内5−40
рO955−75−0289
AM9:30〜PM5:00
月曜休館


2011年09月27日

「天神地蔵33回忌」

9月20日夕方、福岡市中央区天神の交差点に建立されている「天神地蔵」前で、当時暴走族の取り締まり中に殉職した警察官を悼む33回忌の慰霊祭が行われたと西日本新聞に掲載されていました。

新聞には、事故は1979年9月23日未明に発生。福岡中央署の交通課巡査だった田中政義さん当時(28)、死亡後に警部補が天神交差点近くで歩行者を守るために暴走族のバイクを制止しようとしてはねられ、死亡されたとありました。

事故からしばらくして現場近くの福岡ビル前の歩道前の花壇に地蔵が立てられたそうです。
ただ、由来を知る人が減り、大名校区の町内会の方々「天神地蔵を地域で語り継ごう」と慰霊祭を初企画したそうです。

慰霊祭には、警察官OBの人達約20名が参加し、田中さんと同期生の方が「正義感の強い人だった、彼のためにも交通事故抑止に力を尽くしたい」語られたとの記事が載っていました。

天神に行かれたらどうぞお参りしてあげて下さい。 (合掌)

天神地蔵33回忌.jpg回忌

天神地蔵・夏 003.jpg

天神地蔵・夏 002.jpg

2011年09月12日

「COSTA CLASSICA」

先週から今週にかけては、博多港は豪華客船入港のラッシュのようです。先週は、「LEGEND OF THE SEAS(レゼェンドオブシーズ・7月にご紹介)と「COSTA CLASSICA(コスタ クラシカ・今回ご案内)」が入港しました。この船はイタリア船籍で53,000トン、乗客定員1,680人、大きさは、幅31mで長さ220mの豪華客船です。今週は、日本が誇る「飛鳥U」も入港予定です。時間が取れたら是非見に行きたいと思っています。また、ご報告しますね!でも、ようやく博多港にも賑やかさか戻って来たようですね!

コスタ クラシカ 豪華客船 001.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 002.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 004.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 003.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 005.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 006.jpg








2011年09月02日

「九州国立博物館」

「よみがえる国宝」守り伝える日本の美

なるほど!日本の宝はこんな修理をして見事によみがえる!を見学してきました。

古来より信仰心によって、また名家の務めとして受け継がれてきた日本の美や宝。この展示会では、保存、修理、模造とかかわりの深い名品の数々を通して、これを守り伝える日本の心と技の紹介でした。

まさに、気の遠くなるような長い年月をかけ修理を繰り返し、大切に守り通されてきた国宝の数々は、日本が世界に誇る現代の匠の技でした。

よみがえる国宝 003.jpg

よみがえる国宝 002.jpg

よみがえる国宝 001.jpg




2011年08月19日

「天神地蔵さん・夏」

先日、天神に行ったので久し振りに「天神地蔵」さんにお参りして来ました。

夕方ではありましたが、地蔵さんもさすが暑そうでした!
以前にもブログに出しましたが、この「天神地蔵」さんは約40年程前に当時暴走族の取り締まりをしていた警察官の方が事故に巻き込まれて殉職されたことから、二度とこの天神の交差点で事故がないようにとの願いを込めて有志の方々が建立されたそうです。

天神交差点の福ビル前の花壇の中にありますよ!天神に行かれたら一度お立ち寄り下さい!
お世話される方がおられ四季で衣装が変わりますよ! 合掌

天神地蔵・夏 001.jpg

天神地蔵・夏 004.jpg

天神地蔵・夏 002.jpg

天神地蔵・夏 003.jpg


2011年08月12日

「夏季休暇」のお知らせ!

8月13日(土)〜8月16日(火)まで夏季休暇になります。皆様方も猛暑の折、熱中症にくれぐれも注意してお過ごし下さいね!

夏季休暇のご案内.jpg

「ツバメの親子」PartW

子ツバメのあと1羽がついに元気に巣立っていきました!社員一同「ホッ」としています。

ちゃんと「エサ」をとって元気に一人前に成長し、またツガイで戻ってきてほしいと願っています。

巣立つ数日前の少し肥満気味の最後の一羽です。
ツバメの親子Part 005.jpg

巣が空になりました!
ツバメの親子Part 006.jpg

2羽肩寄せあって「エサ」をついばんでいた頃が思い出され、少しさみしい思いです。
ツバメの親子Part 007.jpg





2011年08月09日

「ツバメの親子」PartV

今朝ついに2羽の「子ツバメ」のうち1羽が巣立っていきました。ここ2〜3日、巣の縁につかまり一生懸命羽ばたきの練習をしていた元気のよい1羽の方だと思います。

なんちゃって飛び方で、電線につかまりバランスをくずしながらも毛ずくろいをし、さも一人前になったようなしぐさをしていました。すぐ横には2羽の親が心配そうに付き添っていたのがとても印象的でした。

あと1羽が少し寂しげに巣に残っていますがすぐに巣立つ事だと思います。

ツバメの親子PartV 001.jpg

右側の尾の短い方が巣立った「子ツバメ」です
ツバメの親子PartV 004.jpg

左側の2羽が心配気の「親ツバメ」です
ツバメの親子PartV 005.jpg

あとの1羽です
ツバメの親子PartV 002.jpg



2011年08月07日

「ツバメの親子」PartU

前回のお知らせから約1週間が過ぎました。やはり自然界で生き残るのは人間以上に大変な事のようです。4羽いた「子ツバメ」が、ほんとうにどこに行ったのか2羽いなくなりました。

社員一同この3日間この話題で持ちきりでした。陰も形も見当たりません!「カラスかヘビか、またまた他の鳥にさらわれたのか?」残念ですが私たち人間にはどうしてあげる事が出来ません!

ネットで「ツバメの天敵対策」を引くとツバメの巣の周囲に、目立つ糸を張ると「鳥」であれば警戒して近付きにくいと書いてあったので「やれる事はやってみようと!」何人かの社員が糸を張ってみました。もし巣から落ちたらいけないので、巣の下にダンボールの箱の中に柔らかい物を入れて落ちてもケガをさせないように考えたみたいです。

早いもので、羽ばたきらしき事も始め、もう親ツバメと大きさも変わらないくらいに成長してくれています。一日も早い巣立ちをハラハラ、ドキドキしながら見守っています。

がんばれ「ツバメの親子!」

ツバメの親子Part 004.jpg

ツバメの親子Part 001.jpg

ツバメの親子Part 002.jpg

ツバメの親子Part 003.jpg





2011年07月31日

「ツバメの親子」

会社の1F駐車場の壁にツバメが巣をかけていたのですが、ついに四羽のひなが生まれました!
せっせと二羽の親ツバメがエサを休み無く運んできます。じっと隠れて見ていますと親ツバメは四羽に分け隔てなくエサを与えています。

親がエサを運んで来ると、立ち上がるようなしぐさでエサ求めています。いなくなると、四羽とも巣の淵に黄色いアゴを乗せて寝ています。とても、可愛い子ツバメ達です。

どうぞ夏の暑さと天敵に襲われることなく、順調に育ってくれて四羽とも元気に巣立ってほしいなぁと社員一同思っています。

がんばれ「ツバメの親子」たち!

ツバメ親子 001.jpg

ツバメ親子 002.jpg

ツバメ親子 003.jpg

「長崎ぶらり旅」

先日、業界の集まりがあり長崎に行って来ました。長崎市内で会議を行い終了後、夕方から長崎市内から車で南へ約20分程度行った所に「茂木びわ」で有名な茂木港にある、約80年続く天然活魚の「料亭二見」で天草灘を望む風光明媚な場所での会食に舌鼓をうちました。活きがよく、リーズナブルなのでお勧めですよ!予約した方が良いかと思います。

茂木港に入ると「茂木びわぜりー」で有名な「茂木10香」のお店です。もちろんゼリーもお土産に買いましたよ!
長崎 二見 稲佐山 001.jpg


「料亭二見」の会食会場です。あまりの眺めのよさについぼんやり!
長崎 二見 稲佐山 002.jpg

長崎 二見 稲佐山 003.jpg

長崎 二見 稲佐山 004.jpg

先ず出たのが「芝エビ」の踊り!ちょっと可哀想でしたが「うまい!」
長崎 二見 稲佐山 005.jpg

かなりでかい「あわび」ビールをかけるとくねくねと「あわびダンス」をしますよ!もちろんバター焼きでいただきました。
長崎 二見 稲佐山 006.jpg

「鯛とサザエ」の浜焼きです。
長崎 二見 稲佐山2 003.jpg

長崎 二見 稲佐山2 002.jpg

長崎 二見 稲佐山2 001.jpg


その帰り道、地元の方が「稲佐山展望台」が新しくなっているとのお話だったので、展望台までマイクロバスで行ってみました。私は、過去一度だけ登った記憶がありましたが、降りてみるととても綺麗にリニューアルされ長崎市が100万$の夜景で見れました。新しい長崎の新スポットになっています。

絶景ですよ!
長崎 二見 稲佐山 009.jpg

長崎 二見 稲佐山 008.jpg

長崎 二見 稲佐山 010.jpg


長崎 二見 稲佐山 011.jpg

テレビ塔と駐車場です。下からスイスイと車で登れるからとても楽です。
長崎 二見 稲佐山 012.jpg

是非、長崎に行かれる機会があれば「二見」、「稲佐山」行って見て下さい。特に、「稲佐山」は夜がお勧めです!

2011年07月20日

「なでしこジャパン」世界一!!

ついに金字塔を打ち立てましたね!サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で世界ランク1位の米国を日本女子代表が下し、初優勝を果たし世界一に輝きました。

今回は、東日本大震災後の特別な意味を持つ大会でもあり世界からも大変注目された大会でした。
試合の前後に謝意を表す「世界中の友へ、皆さんの支援に感謝します」と英語で書かれた横断幕を手にピッチを回った「なでしこジャパン」でした。

特に、みんなに感動を与えたのは、「あきらめない、折れない心とチームプレー」に世界のみんながエールを送ったと思います。

ニュースで何度もプレーを目にしても、優勝した瞬間の映像は鳥肌が立ち涙が浮かびます。そして、
大変痛快な気分になりますね!「なでしこジャパン」ありがとう!!

がんばろう日本!!

なでしこジャパン世界一 004.jpg

なでしこジャパン世界一 003.jpg

なでしこジャパン世界一 001.jpg

なでしこジャパン世界一 002.jpg







2011年07月11日

「博多祇園山笠」

山笠がいよいよクライマックスですね!

山笠は仁治2(1241)年を起源とする祭りで国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
7/1の飾り山から7/15の早朝追い山まで開催されます。

先週、7番中州流れを見てきましたのでお知らせします。

この飾り山、南面と北面の2面ありますが、建築費はみなさんおおよそいくらぐらいかかっていると思いますか?

今回は、南面のテーマは「水戸黄門」より「老公妙案救天下(ろうこうみょうあんてんかすくう)」とあり、黄門様の天下裁きが描かれ、また、北面は「楠木正成」より「攻防千早城(こうぼうちはやじょう)」となっており、正成の千早城での立てこもりが描かれています。とても絢爛豪華な飾り山笠ですよ!

博多祇園山笠中州流れ 001.jpg

博多祇園山笠中州流れ 002.jpg

博多祇園山笠中州流れ 003.jpg

飾り山笠もたくさんありますが、この7番中州流れのお値段はおおよそ2千万!かかったそうです!

15日の追い山が終わると解体するそうですので、もったいないなぁ!が私の正直な感想です!

是非、時間をつくって見に行って下さいね!

2011年07月03日

「ジャイアントパンダ」見てきましたよ!


実は前号には続きがありまして、「三菱一号館美術館」を見学したあと、以前友人が「この前東京に行った時に上野動物園に誘われて「パンダ」見てきたよ!とっても可愛かった!」と言ってたのを思い出し、少し時間もあったので、東京駅から上野までJRに乗り行って来ました。上野は以前にも博物館や美術館巡りをしていたので少し地理感もあつたので助かりました。

りーりー&シンシン(どっちがどっちだかよく分かりませんが!)を見るとひと言「可愛いなぁ!」とつぶやいていました。週末でもなかったので動物園の中はあまり混雑はしていませんでしが、係員がマイクでしきりに「写真を撮られたら前に移動して下さい!ご協力をお願いします!」と声をからして言っていましたが、立ち止まり何枚もシャッターを押して動かないオジサン(自分でした!)がいました。動物はみんな可愛いと思いますが、特に珍獣パンダは「癒しの動物」だと思います。

中国からのレンタル料が2頭で年間7800万円だそうですが、高いか安いかは別に考えると、やはり、じっと見ていると癒されますよねぇー!!元気で永く日本人の心を癒し続けてほしいと願いつつ「上野動物園」をあとにしました。

上野動物園 001.jpg

上野動物園 002.jpg

上野動物園 003.jpg


歩いている時はのんびりと歩きます
上野動物園 004.jpg

上野動物園 005.jpg

上野動物園 007.jpg


走りだすととても俊敏な動きをします
上野動物園 008.jpg

上野動物園 009.jpg


でっかいお尻です!
上野動物園 011.jpg

少し雨模様でしたがやはり家族連れが多いかったです
上野動物園 012.jpg






2011年06月29日

「三菱一号館美術館」

先日、業界の総会が東京であったので一泊二日で行ってきました。合い間をみて東京駅からすぐの丸の内にある日本の歴史を飾る「三菱一号館美術館」の見学に行きました。この「三菱一号館」は1894年(明治27年)に丸の内最初のオフィスビルとして建てられ2010年4月に「三菱一号館美術館」として開館されました。建物内外とも明治期の優雅な建物に復元されて落ち着いた雰囲気がかもしだされていました。今回は「もてなす悦び展」が開催されていました。1800年台のヨーロッパの茶会に使用された茶器やテーブルマナーについての様子が展示されていました。また、ジャポニズムの到来で「朝顔」がティファニーがつくる金・銀製品やランプの形までに影響を与えていたとの説明には驚きでした。館内は撮影が出来ないので雰囲気が伝えられないのですが、こんな器で「ティータイム」できたら最高だなと思いました。6/14〜8/21まで開催中ですので東京に行かれたらお立ち寄り下さいね!

三菱一号館美術館 005.jpg

三菱一号館美術館 001.jpg

三菱一号館美術館 003.jpg

三菱一号館美術館 004.jpg

三菱一号館美術館 002.jpg

2011年06月23日

「2011 書のときめき展」終了!

6/16(木)〜6/21(火)まで「福岡アジア美術館」で開催されました「2011 書のときめき展」、お陰様で無事終了致しました。開催中は雨でお足元が悪い中6日間で935名の方々にご来場を頂きました。会期中に頂きましたご講評を胸に刻み切磋琢磨し楽しく頑張ってまいります。
本当にありがとうございました。


[ 001.jpg

井上一光主宰のコーナーです 今回は音楽シリーズ第2集 書と音楽とのコラボです
「モーツアルト心象アルバム」より15点の作品を発表されました
[ 002.jpg

「神」交響曲 第41番(ジュピター)です ローマ神話の最高神に相応しく、ジュピターは
雄大で壮麗な交響曲。
[ 003.jpg

「規定課題のコーナー」です 井上先生も会友も全員が今回のテーマ「雲」を書きました
[ 004.jpg

私は「雲海」を書きました
[ 005.jpg

[ 006.jpg

「自由課題のコーナー」です
[ 010.jpg


[ 011.jpg

[ 014.jpg

私は「中庸」を書きました
[ 012.jpg

小作品のコーナーです
[ 007.jpg

私は「雅」を書きました
[ 008.jpg

[ 009.jpg

たくさんの方々に見に来て頂きました!
[ 017.jpg

次回も頑張ります! ありがとうございました!
[ 016.jpg

「書のときめき展」主催「一墨会」にご興味ある方は下記ホームページをご覧下さい!
//www5f.biglobe.ne.jp/~ichiboku/



2011年06月04日

「三井記念美術館」

東京で会議があったので早めに福岡を立ち日本橋にある「三井記念美術館」に行ってきました。
本来はホノルル美術館所蔵「北斎展」の開催予定だったのですが東日本大震災の影響の為
「館蔵品展」に変更になったようです。

三井家および三井グループは、江戸時代初期に伊勢国松坂出身の家祖・三井高利が、延宝元年
(1673年)に江戸本町に呉服の「越後屋」を開店したことに始まります。

越後屋
三井記念美術館 001.jpg

重要文化財 三井本館
三井記念美術館 002.jpg

「三井美術館」は、2005年に縁の深い日本橋にある三井本館(重要文化財)に移転・開設された美術館です。収蔵する日本や東洋の優れた美術品は、300有余年に及ぶ三井家の歴史のなかで収集されてきたものです。現在の収蔵美術品は約4000点、切手は約13万点で、このうち
「志野茶碗 銘卯花墻(うのはながき)」、円山応挙筆「雪松図屏風」など6点の国宝のほか、
重要文化財71点、重要美術品は4点を数えます。

花鳥動物図(部分) 18世紀 清時代
三井記念美術館 003.jpg

女房三十六歌仙帖 土佐光起筆
三井記念美術館 004.jpg

国宝 雪松図屏風(左隻) 円山応挙筆
三井記念美術館 005.jpg

唐物竹組大茶籠
三井記念美術館 006.jpg


心の満足を感じたひと時でした。たまに本物に触れる機会を作ることは、やはり大切にしたいと感じました。
次回は、こちらも日本の文化を創った「三菱一号館美術館」を見学したいと思っています。
また、お知らせいたしますね!