2011年11月13日

「生け花展」

先日、知人が習っておられる「小原流(おはらりゅう)」の生け花展に行って来ました。
前から生けておられる生け花が、とてもダイナミックな中にも大変品位を感じる素敵なお花だったのが印象的でした。今回は、5人の方々との共作とのことでしたが見事に生けておられました。

生け花っていいですねー!


小原流生け花 001.jpg

小原流生け花 003.jpg

小原流生け花 004.jpg

小原流生け花 002.jpg

2011年11月02日

「直島・地中美術館」

みなさん瀬戸内海に浮かぶ周囲16kmの小さな島「直島」ってご存知ですか?
岡山と香川の間に位置し人口は約3300人です。

この島はすごいものがたくさんある島なのです。この島は「アートの楽園」と呼ばれ、今や世界的にも有名な「現代アートの聖地」となり、色々な国の方々が見学に訪れています。

この島は、約20年前から「アートの挑戦」が始まりました。まずホテルと一体化した美術館がオープンすると建築家や画家などの作家たちが島に来てオリジナル作品をつくり、廃屋を改修したアート作品が生まれてきました。

ベネッセハウス・家プロジェクト・直島銭湯そして私が一番見てみたかった地中美術館などが生まれました。

たくさんあるので今回は「地中美術館」をご紹介します。
建築家は世界で活躍している「安藤忠雄」です。名前の通り建物のほとんどが地中に埋まっていて、外観がないのが大きな特徴です。

地中美術館は、画家クロード・モネの2m×6mの大作「睡蓮の池」の作品を展示するという意図から安藤忠雄に設計を依頼したそうです。入り口からコンクリートに囲まれているのですが、しかし、中に入るとコンクリートに囲まれていても随所に自然を身近に感じることが出来ます。


最後の出口付近にカフェがあるのですが、ここから見える瀬戸内海の自然との組み合わせは大変ドラマチックに感じますした。



直島・宮浦港です 港から建物が洒落ています!
直島・地中美術館 016.jpg


船着場になにか見えています!
直島・地中美術館 014.jpg


かぼちゃのモニュメントでした!この島にはこうゆうものが結構あります
直島・地中美術館 015.jpg


美術館の入り口です!中は何があるのだろうと感じる入り口です
直島・地中美術館 008.jpg


「地中美術館」に入ります
直島・地中美術館 013.jpg


ローカです
直島・地中美術館 010.jpg


緑とコンクリートのコントラストが鮮やかです
直島・地中美術館 011.jpg


吹き抜けになっていました
直島・地中美術館 012.jpg


勾配のあるローカで目線のみ空間がとってあります
直島・地中美術館 009.jpg


クロード・モネ「睡蓮の池」(瀬戸内アートの楽園より)
直島・地中美術館 017.jpg


ウォルター・デ・マリア(彫刻家)と安藤建築作(瀬戸内アートの楽園より)
「タイム/タイムレス/ノー・タイム」
直島・地中美術館 019.jpg

地中美術館の建物を上から見るとこうなっているそうです!(瀬戸内アートの楽園より)
直島・地中美術館 018.jpg

是非一度機会をつくって行って見て下さい。お勧めの島ですよ!







2011年10月22日

「上棟式 餅まき!」

先週の東区の団地の一角で住宅の「上棟式 餅まき!」が盛大に行われました。

餅まき(もちまき)、または餅投げ(もちなげ)とは、上棟式などの神事に際して集まった人々へ餅をまく行事です。

私たちの小さい頃は、あちらこちらで住宅の建前(上棟式)では、よく「餅まき」があっていたと思いますが、最近はすっかり見かけなくなりましたね。

餅まきの由来を見てみますと、日本人は平安時代の古来より、おめでたい行事には必ず餅をまき(投げ)、多くの人々にその福を振る舞い、人々の幸せを願って来たそうです。

日本人のDNAなのでしょうか?餅がまかれた瞬間、私の心の中の「欲」にスイッチが入り「拾わなくては!」と自然に体が動きました。

一度はやって見たい行事の一つですね!

上棟餅まき 001.jpg

上棟餅まき 002.jpg

上棟餅まき 003.jpg

上棟餅まき 004.jpg







2011年10月04日

唐津「洋々閣」・「旧高取邸」

先週末、異業種の集まりがあり会議、懇親会、宿泊は旅館「洋々閣」で行いました。
唐津城がすぐ目の前に見え敷地1600坪の広々した中に木造2階建ての、落ち着いた雰囲気の中で会議を行い、終了後ゆったりとお風呂につかり、玄海の活魚に舌づつみをうちながら夜遅くまで異業種の交流を行いました。

洋々閣・旧高取邸 011.jpg

洋々閣・旧高取邸 012.jpg

洋々閣・旧高取邸 001.jpg

洋々閣・旧高取邸 004.jpg

洋々閣・旧高取邸 005.jpg

洋々閣・旧高取邸 006.jpg

洋々閣・旧高取邸 003.jpg


翌朝は、朝食を取り9時30分開館の「旧高取邸」の見学に行きました。
「旧高取邸」は、杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好(たかとりこれよし:1850~1927)の邸宅です。唐津城本丸の西南の海岸沿い、約2300坪といわれる広大な敷地に、大きく2棟の建物が建っています。平成10年12月に国の重要文化財の指定を受けています。

この邸宅の特徴は、大広間に能舞台を設けてあるなど独特のつくりになっています。また、各部屋の建具(杉戸絵)や欄間(すかし)の意匠にも見どころがいっぱいです。
唐津に行かれる際には是非見学に行ってみて下さい。

洋々閣・旧高取邸 008.jpg

洋々閣・旧高取邸 007.jpg

洋々閣・旧高取邸 010.jpg

洋々閣・旧高取邸 009.jpg

洋々閣・旧高取邸2 001.jpg

洋々閣・旧高取邸2 002.jpg

洋々閣・旧高取邸2 004.jpg

洋々閣・旧高取邸2 003.jpg


旅館 「洋々閣」

 //www.yoyokaku.com


「旧高取邸」

佐賀県唐津市北城内5−40
рO955−75−0289
AM9:30〜PM5:00
月曜休館


2011年09月27日

「天神地蔵33回忌」

9月20日夕方、福岡市中央区天神の交差点に建立されている「天神地蔵」前で、当時暴走族の取り締まり中に殉職した警察官を悼む33回忌の慰霊祭が行われたと西日本新聞に掲載されていました。

新聞には、事故は1979年9月23日未明に発生。福岡中央署の交通課巡査だった田中政義さん当時(28)、死亡後に警部補が天神交差点近くで歩行者を守るために暴走族のバイクを制止しようとしてはねられ、死亡されたとありました。

事故からしばらくして現場近くの福岡ビル前の歩道前の花壇に地蔵が立てられたそうです。
ただ、由来を知る人が減り、大名校区の町内会の方々「天神地蔵を地域で語り継ごう」と慰霊祭を初企画したそうです。

慰霊祭には、警察官OBの人達約20名が参加し、田中さんと同期生の方が「正義感の強い人だった、彼のためにも交通事故抑止に力を尽くしたい」語られたとの記事が載っていました。

天神に行かれたらどうぞお参りしてあげて下さい。 (合掌)

天神地蔵33回忌.jpg回忌

天神地蔵・夏 003.jpg

天神地蔵・夏 002.jpg

2011年09月12日

「COSTA CLASSICA」

先週から今週にかけては、博多港は豪華客船入港のラッシュのようです。先週は、「LEGEND OF THE SEAS(レゼェンドオブシーズ・7月にご紹介)と「COSTA CLASSICA(コスタ クラシカ・今回ご案内)」が入港しました。この船はイタリア船籍で53,000トン、乗客定員1,680人、大きさは、幅31mで長さ220mの豪華客船です。今週は、日本が誇る「飛鳥U」も入港予定です。時間が取れたら是非見に行きたいと思っています。また、ご報告しますね!でも、ようやく博多港にも賑やかさか戻って来たようですね!

コスタ クラシカ 豪華客船 001.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 002.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 004.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 003.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 005.jpg

コスタ クラシカ 豪華客船 006.jpg








2011年09月02日

「九州国立博物館」

「よみがえる国宝」守り伝える日本の美

なるほど!日本の宝はこんな修理をして見事によみがえる!を見学してきました。

古来より信仰心によって、また名家の務めとして受け継がれてきた日本の美や宝。この展示会では、保存、修理、模造とかかわりの深い名品の数々を通して、これを守り伝える日本の心と技の紹介でした。

まさに、気の遠くなるような長い年月をかけ修理を繰り返し、大切に守り通されてきた国宝の数々は、日本が世界に誇る現代の匠の技でした。

よみがえる国宝 003.jpg

よみがえる国宝 002.jpg

よみがえる国宝 001.jpg




2011年08月19日

「天神地蔵さん・夏」

先日、天神に行ったので久し振りに「天神地蔵」さんにお参りして来ました。

夕方ではありましたが、地蔵さんもさすが暑そうでした!
以前にもブログに出しましたが、この「天神地蔵」さんは約40年程前に当時暴走族の取り締まりをしていた警察官の方が事故に巻き込まれて殉職されたことから、二度とこの天神の交差点で事故がないようにとの願いを込めて有志の方々が建立されたそうです。

天神交差点の福ビル前の花壇の中にありますよ!天神に行かれたら一度お立ち寄り下さい!
お世話される方がおられ四季で衣装が変わりますよ! 合掌

天神地蔵・夏 001.jpg

天神地蔵・夏 004.jpg

天神地蔵・夏 002.jpg

天神地蔵・夏 003.jpg


2011年08月12日

「夏季休暇」のお知らせ!

8月13日(土)〜8月16日(火)まで夏季休暇になります。皆様方も猛暑の折、熱中症にくれぐれも注意してお過ごし下さいね!

夏季休暇のご案内.jpg

「ツバメの親子」PartW

子ツバメのあと1羽がついに元気に巣立っていきました!社員一同「ホッ」としています。

ちゃんと「エサ」をとって元気に一人前に成長し、またツガイで戻ってきてほしいと願っています。

巣立つ数日前の少し肥満気味の最後の一羽です。
ツバメの親子Part 005.jpg

巣が空になりました!
ツバメの親子Part 006.jpg

2羽肩寄せあって「エサ」をついばんでいた頃が思い出され、少しさみしい思いです。
ツバメの親子Part 007.jpg